<平成30年度>2017年11月~

〇第59回日本臨床細胞学会総会(春期大会):札幌(2018.6.1-3)

・佐藤主任:尿細胞診における全自動有形成分分析装置UF-5000活用の試み

 

〇第67回日本医学検査学会:浜松(2018.5.12-13)

・佐藤主任:全自動有形成分分析装置UF-5000でのAty.Cの性能評価

・福嶋室長:花粉飛散状況と特異的Ig-E抗体陽性率との関連性について

 

〇日本臨床細胞学会茨城県支部学術集会:水戸(2017.3.17)

・佐藤技師:全自動有形成分分析装置UF-5000を利用した尿細胞診運用の試み

〇第38回茨城県臨床検査学会:水戸(2017.11.19)

・細谷技師:血液自動鏡検装置(Di-60)の性能評価

・鈴木技師:機器更新で総蛋白(TP)測定値に影響を与えた原因と標準液の比較検討

・上野技師:RF定量試薬におけるTIA法とLTIA法の比較検討

・篠田課長:卵巣がん患者における新規卵巣腫瘍マーカー「HE4」の有用性

・小貫技師:受託検体における特異的Ig-E抗体の季節変動について

・富井技師:質量分析装置導入による変化~導入後の改善点について~

・古橋技師:質量分析装置導入によってAcanobacteriumhaemolyticumを同定できた一例

・大塚喬太:尿試験紙による蛋白定性値ち定量値の乖離についての検討

 

<平成29年度>  2016年11月~2017年10月

       
○日本医学検査学会:千葉(2017.6.17-18)        
・佐藤技師:尿沈渣精度向上への試み          
                 
○アジア医学検査学会:韓国釜山(2017.9.21-24)        

・池澤取締役:‘Yakitori shaped cluster’in cervical

candidiasis cytodiagnosis

 
                 

○関甲信支部・首都圏支部医学検査学会:

埼玉(2017.10.28-29)

     

・野崎主任:血液自動鏡検装置DI-60運用においての

検討

     

・伊藤主任:質量分析装置における同定検査の迅速

性について

     

・大矢技師:2016年・17年の花粉飛散状況と特異的

IgE抗体陽性率の関連性について

 
                 
<平成28年度>  2015年11月~2016年10月        
○第37回茨臨技臨床検査学会:つくば(2015.11.1)        
・野崎主任:血液凝固分析装置の基礎検討          

・齋藤主任:「MI01」と「DiaPack3000」2台運用の

比較

     

・上野技師:3日間の全血室温放置による測定値への

影響とその経日的変化

   
・佐藤技師:輸血検査機器を導入して          

・小貫技師:MASTⅢとDiaPack3000による特異的IgE

抗体の特徴と活用

   
                 

○第4回首都圏支部医学検査学会:

横浜(2015.11.14-15)

     

・菊池課長:当施設における輸血検査運用状況について

 ~輸血検査機器導入後の運用~

                 
○日衛協 臨床検査普及月間大会:東京(2015.11.26)      
・田中主任:検査補助の組織化の取り組みと業務効率        
                 
○IFBLS 2016:神戸(2016.9.1-4)          

・池澤取締役:Liquid based cytology(LBC) preparation

method in Routine Work at our Laboratory

・福嶋室長:Features and study on the use of

Diapack3000 and MASTIII

   
                 
○第65回日本医学検査学会:神戸(2016.9.3-4)        

・福嶋室長:Diapack3000及びMASTⅢの特徴と活用に

関する検討

     
                 

○関甲信支部・首都圏支部医学検査学会:

山梨(2016.10.29-30)

     

・佐藤技師:子宮頸部カンジダ症の細胞診断における

「串刺し様集塊」所見の有用性